1番を目指す人は態度が違う!たった3つの気付きが成功への要素!

心がきれいな人は態度が良い人

各県にある私立の名門の有名校、なかでもスポーツ優秀校の見学に来た人を驚かすもの、それはスポーツ優秀校の技術力の高さではない。選手個人個人の、しっかりした礼節なのだったのだ。

スポーツ優秀校の選手の態度

毎年好成績を残すスポーツの優秀校には、全国から大勢の人が練習を見に訪れます。あなたも一度はそういう優秀校の練習を見ると感動されると思いますよ!

全国高校スポーツ優秀校 → 複数種目での成績優秀校

みなさん初めに、生徒さんの態度に感動されるようです。

しっかり挨拶してくれた。

道案内をしてくれた。

しっかり靴をそろえて、部屋に上がっていた。

帰りにバックミラーを見たら、車が見えなくなるまで頭。を下げていた。

そんな子供たちの態度に、感心されるようです。中には号泣される方もおいでになります。

うちの部下にもやらせたくてもできない事を、よくぞ中学生が!

おそらく私たちもそうでしょうが、

人が人に感動するのは、「日本一になった」とか、「オリンピックで金メダルをとった!」とか、そういう理由ではないと思うんです。それだけの理由で、感動したわけではないはずですよ。

私たちが感動するのは、その人の態度が素晴らしいからではないでしょうか。

イチローが、日ハムの大谷が、日本代表の本田や香川、岡崎などが、テニスの錦織が、フギュアスケートの羽生結弦が、体操の内村航平や19歳の白井健三 が、人の心を打つのは、何より、彼らの取り組む姿勢が真剣で、その態度が立派で、それでいて、強いからではないでしょうか。

だから、あえて目標を作るときは、この項目をまず初めに作ります。

1、目標達成のための奉仕活動

奉仕活動っていったって、難しく、ややこしく考える必要はありせんよ。

学校の生徒には、学校とそれ以外の家庭生活、大人には、会社と家庭生活、つまり公と私の場で、実践する奉仕活動を決めさせることが最初の一歩ですね。

具体的には、

清掃や皿洗いなどの家事のお手伝いの他、地球環境を守るために、再生紙を利用するとか、裏側の紙も使うとか、あるいは、地域のボランティアも立派な地球環境を守る活動ですよね。

奉仕活動のメリット

奉仕活動は心をキレイにする効果が抜群なのです。「心がキレイ」とは、心のコップが立っていて、素直、まじめで一生懸命な状態です。

言葉を変えれば、

生き方、そして態度が良い、つまり、奉仕活動とは、「態度教育」といえるのです。

これが、家庭でいう「しつけ」なんですね。

ウソの「しつけ」も横行しています。最近の子供が絡んだ事件でもよく使われる「しつけ」。アホな親が多すぎますよ。大人の教育が必要なんですよ。

「しつけ」という言葉を気楽に使ってほしくありませんね。「しつけ」とは、「しつける側」が、こういうことを分かっていて、はじめて「しつけ」「指導」「コーチング」ができるんですよ。

ただ自分が気に入らないからとかの理由ではありませんからね。自立・自覚のない大人に育てられる子供はかわいそうを通り越して、哀れで仕方ありません。国で何とかできないんでしょうかね。

夢ゴールイメージ・コメント大募集

2、清掃活動

あなたに質問です。

態度を良くするには、なぜ奉仕活動や清掃活動が必要なのでしょうか?直ぐに答えを見ずに、まず最初に、あなた自身の頭で考えてみてください。

いかがでしょう。

何が思い浮かんできたでしょうか。

それでは、答えです。

まず第一に、身の回りのすさみを取り除くと、その人の心が澄んできます。これを「ブロークン ウィンドウ理論」といいます。

これだけではありません。

もう一つ重要なのは、澄んだ心で奉仕活動に取り組むことで、社会の一員としての自覚が強まり、そして、周囲の人に感謝して思いやる「気付き」の力が高まるということなんですね。

心がきれいでなくては、目標を達成することができません。

だから、

いつまでも心のコップがふさがった人には、まず何を教えても無駄です。がっついている人もそうです。直ぐに答えを見つけようとする人もそうです。自分で考えずに。人の答えばっかりを、期待する人。悪いことが起きるとすぐに人のせいにする人。

人生で成功する人とは、どんな人なのでしょうか?

成功している人と、成功していない人の違いは、いったいなんなんでしょうか?

3、心をもらえる人になる

心がきれいでなくては、目標など達成できません。

人生で成功する人とは、ほかの人から「心をもらえる人」だからです。

心をもらえない人は、どんなにあがいたって目標など達成できませんからね。どんな個人の目標であっても、自分ひとりでは達成できないのですよ。

どんなチームのプロジェクトでも、自分たちだけでは達成できません。成功などできないのですよ。自分側の人間だけで行けるのは、どんなプロジェクトでも97%までしかできません。

完全にはならないんです。パーフェクトな出来上がりにはならないんです。最後の3%は、誰かほかの人に、協力してもらわないと、だめなんですね。

試合の遠征先の旅館で、「今日は大事な試合だから」といって、朝食に特別メニューを出してもらえるのは、見ず知らずの人が感動するほど、生徒たちの心がきれいだったからなんです。

良い態度と、成功は深い所で結びついているのです。

ここまで読んで、なぜ目標達成に奉仕活動が大切かがお分かりになったでしょうか。

それでは今日の特別授業はここまで。

また続きを見たい人は、

お気に入りに入れるか、RSSに登録して、新規記事投稿をお待ちください。

前回の記事 → 1番になるための5つの生活の質を高める心作りとは

☆耳寄り情報を一つ

子供たちに野球を教えている監督さんやコーチの方に、

ご自分の情熱と理論を傾けて、子供たちにコーチングをしていることでしょう。野球優秀校の練習がテキストとして、販売されています。取り入れて試合に勝つことが当たり前になってくると、ご父兄の方の熱も高まりますよね。子供たちは指導者によって伸びしろが違ってくるんですよ。こちら

↓     ↓     ↓     ↓
小・中学生から試合で勝つ!TOP校の実践練習法~攻守・ピッチング・バッティング総合セット~ ソフトボール

[metaslider id=1699]