ニキビ別温泉効果まとめサイト

ニキビに温泉がいいからといって、「ニキビを治しに温泉へレッツゴー!」なんて、温泉ならどこでもいいのでしょうか?

ニキビには秋田の新玉川温泉がいい、いや群馬の草津温泉だよ、いや島根の玉造温泉が一番だよと、日本各地には、ニキビに効果のあると呼ばれている温泉がありますが、10代のころのニキビ、20代になってからのニキビ、中高年のニキビでは、ニキビができる原因も違えば、性質も違うんですからね。

そこでニキビ別に効果のある温泉とは何かをまとめてみました。

温泉美肌効果のあるニキビ温泉の泉質

温泉の効能とされる中でも、魅力的なのがやっぱり「美肌」だとおもうんですが、今回は、肌トラブルの代表格、ニキビに効果があるとされる硫酸塩泉の温泉地をご紹介します。

ズバリ、ニキビにおすすめの泉質は硫酸塩泉です。肌の脂分をとる働きがあるため、ですが、切り傷、火傷などに効くことから「傷の湯」とも呼ばれます。

温泉は、肌に温泉成分が付着し「温泉パック」のような状態をつくってくれるので、入浴後も肌がしっとりした感じになる場合が多く、湯冷めもしにくいのが特徴です。 でも、人によっては肌が乾燥しやすくなることもあるので、入浴後のお手入れが大切だということですね。

温泉にはその他にも「子宝の湯」、「美人の湯」、「腰痛の湯」、「慢性病の湯」などがあり、その温泉の泉質によりどのような効果があるのかがわかるんですね。ただし「ニキビには硫酸塩がいい!」とは単純にいかないんですね。

角質の再生がうまくいかないタイプ、10代のころの分泌が盛んなタイプ、炎症タイプ、ストレスからくるホルモンバランスからくるタイプと様々です。

硫酸塩泉

硫黄泉

ナトリウム温泉

泥パックができる温泉

家庭で温泉を楽しむ