アトピーの人がニキビになった場合の注意点

アトピーの人がニキビになった

アトピーの人もお年頃にあると、ニキビは出てきます。
アトピーのかゆみと、ニキビのかゆみが一斉に襲ってくることになるんですね。

こりゃあ、しっかり対策を摂らないと大変だ!

このページでは、
アトピー性皮膚炎の原因と、ニキビの原因を知り、アトピー性皮膚炎特有の
ニキビ対策をしていきましょう。

アトピーの人のニキビケアをの注意点をお伝えします。

アトピーの原因

アトピーとは、本人または家族が、アレルギー性の病気
(アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、ぜんそく、結膜炎など)を
持っていること、アレルギーと深い関係がある免疫物質「IgE抗体」を
作りやすい体質を持っていることがアトピー要因となります。

アレルギー性疾患といいます。

近年、特に、花粉症やアトピーなどのアレルギー性疾患に
悩まされる人が増えています。

アレルギー性疾患には、アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息、
アレルギー性気管支炎、じんましんなどがあります。

アトピー要因とは「アレルギーを起こしやすい体質」ともいえるのですね。
一般的に、アトピー性皮膚炎の多くは、乳幼児期に発症し、成長とともに
治っていく傾向があります。

ただし、
大人になるまで続くことや、一度治った人がまた
再発することもあります。

アトピーの湿疹は、
できやすい場所があり、乳児期は頭や首、顔に多く目の周りにもでき、
幼児期にかけて手、からだや下肢に広がっていく傾向がありますね。

特に関節部分にできやすく、思春期~青年期になると、顔や胸、背中、
ひじなど上半身に湿疹ができやすくなります。

dani2

アトピーのアレルゲンの要因とされるペットについたダニ

ダニ、ハウスダスト、花粉、カビ、動物の毛などのアレルゲンは
、広く知られています。

このようなアレルゲンの多い環境の中で暮らし続ければ、注意しないと
当然アトピーは悪化の一途をたどってしまうばかりです。

成人の場合のアトピーの原因

成人のアトピー性皮膚炎とは、乾燥肌による敏感肌にアトピー素因が
重なって発症する慢性の皮膚炎です。

アトピー性皮膚炎は、昔は子どもの皮膚疾患で、成長して思春期くらいに
なると自然におさまると考えられていました。

ところが、

20年前くらいから、思春期にいったん良くなった皮膚炎が
成人になって20歳前後になって再びアトピーが悪化してきたり、
思春期になっても治らず、さらに成人になってもアトピー性皮膚炎が
続く患者さんが増えてきました。

どうしてでしょう?

アレルギーの原因

特に注意すべき点は、アレルギーというのは、
体がもっている「抗原抗体反応」のことなんですね。

体の中に有害なものが入り込んでくると、それに対する反応とし
て様々な症状が現れます。

いわば、身体の自己防衛反応だといってもよいでしょう。
症状の多くは、気管支や皮膚、粘膜に多く見られます。

アレルギーを治すのなら「糖質制限食のすすめ」

アレルギーだからといって、病院に駆け込んでも、
すぐに治るわけではありません。

逆に、
抗生物質系の薬剤を使用して治しても、すぐにまた
芽が出てくるので注意が必要です。

現代人は、最近、特に糖質の過剰摂取が叫ばれています。

貧困層に顕著に表れています。
ご飯、パンや麺類(小麦粉のデンプン)の食べ過ぎであるということです。

なにしろ、ご飯やパンはすぐにお腹が膨れて、
満足感・満腹感が高まりますからね。

ご飯一善で55gの糖質があるんです。

砂糖を55g食べようとしても無理ですが、ご飯なら、
甘くありませんので、どんどん食べちゃうんです。

焼きそば60g、tラーメン60g、パスタ1人前で70gこ
ちらは小麦粉(でんぷん)らできていますが糖質に間違いないです。

飽食の時代、ご飯に甘いおかず、ポテトフライ(でんぷん)、
飲み物にコーラ(35g)、食後にケーキ(60g)、
おやつにビスケットやせんべい、これも糖質ですね。

食べやすいからといって、何でも食べたらだめです。
このように現代人は糖質を摂りすぎていることによって、
さまざまな症状が出てきているということに注意しましょう。

自然治癒力が高める糖質オフの生活

糖質制限した食事に切り替えること

糖質制限した食事に切り替えること

糖質制限食が、アレルギー性疾患の改善に効果のある理由については、
現在まだわかっていません。ただ、糖質量の少ない食生活が、
人間本来の食事の形態に近いことから、体内の代謝が安定し
、自然治癒力が高まるのだろうと推測されています。

20世紀初頭まで、糖質制限食的な食生活を続けていた
イヌイットの人々にはアレルギー性疾患はほとんど見られませんでした。

実際、免疫に関するシステムについては、非常に複雑なため、
現代医学ですらはっきりとわかっていない状態です。

が、すくなくともインスリンの過剰が悪影響を
及ぼしているのは理解できるのです。

ニキビの原因

ニキビも薬で治そう、病院で治そうと思っても、治るものではありません。

皮膚科では、抗生物質系の薬剤で、菌を消滅させるだけです。
注意しないと菌は、また出てくるんです。

思春期ニキビは男性ホルモンの過剰がきっかけとなって発症します。
男性ホルモンで皮脂の濃度が上がります。

今まで皮脂がデフコン濃度2だったものがデフコン濃度4に
なると考えてください。
だから毛穴が詰まりやすくなるのです。

ただ、男性ホルモンが過剰でも、思春期ニキビができない人がいます。

違いは今までの皮脂の濃度の差です。今までの濃度が1だったら
2倍になっても濃度2です。だから毛穴は詰まりません。

なぜ皮脂の濃度に差が出るのか? その差は血液の純度です。
そしてその血液の純度の差の原因は内臓のレベルです。
それでニキビをつくりやすい血液ができてしまうのです。

ニキビも、アトピーと同じように、注意すべき点は、食生活の
改善でニキビ改善ができるということ。

アトピーの人のニキビケア

アトピーの薬を塗って、ニキビの薬を塗る?

どれだけ自分をいじめればいいのでしょうか。
まるっきり性質の違う薬を併用すると、ますます悪化しますので
注意してください。

ニキビはお風呂場で治せ

①入浴剤

お肌にやさしい成分の植物性入浴剤【フローラ・バス-102】リピーター続出!このスベスベ感は今までの入浴剤とは全く違います!

②洗顔せっけん

アクナインはニキビに良いとされる9種類の美容成分を配合しており、 みずみずしいお肌の為に、つっぱらずに保湿感の持続にこだわった美容液石けん

③シャンプー・トリートメント(ノンシリコンシャンプーセット)

頭皮環境をいたわる、低界面活性剤処方を実現。 ノンシリコン処方で髪をいたわりながらも、洗った後の指通りはとてもなめらか。

④お風呂上りにニキビ用ジェル

女性用

JewelRainは保湿に大変優れ、 乾燥する冬や紫外線の怖い夏でも潤いのあるお肌を保ちます。 最大の特徴はたった1STEPで背中ニキビのケアができてしまうという事。 時間のない朝やなにかと忙しい方にも手軽に毎日使い続けることが可能です。

男性用

男性の背中・胸元・二の腕に出来るニキビケアに効果を発揮します。 ジュエルレインは保湿に大変優れ、乾燥する冬や紫外線の怖い夏でも潤いのあるお肌を保ちます。