アトピーに悩んでいる人が読むページ

アトピーに悩んでいるのなら

アトピーは皮膚病なのか?
それとも何らかの病気が原因なのかで、対応が違ってくるのです。

皮膚科に行って治った人、サプリメントで治った人、化粧品で治った
人などが、それぞれの意見を主張しているわけですが、症状も大中小
あるわけだし、性別、年代別、体重別だって関係しているかもしれませんよね。

原因だってひとつではない気がします。
そこでまず最初に、アトピーの原因について解説したいと思います。

アトピーはどこから来るの?

アトピーについては、
アトピーの方だけでなく、ニキビでお悩みの方や、肌トラブルの方にも
ほぼ同じことが言えるのですが、化粧品の順番が違っているとか、
お風呂での洗い方の順序が違っているとか、洗顔の方法が
間違っているとか、どうしてそのようなことがまかり通って
いるのか理解に苦しみます。

まるで昔むかし、そのまた昔、パソコンから電磁波が出ているので、
パソコンの前に備長炭を置きなさい、などのレベルの話がいまだに
信じられている、まるで都市伝説のように。

時代は進み、科学は発達し、医療は進歩したかに見えて、いまだに
正しい答えが見つけられないとでも思っているのでしょうか。

アトピーの原因・西洋医学皮膚科の見解

西洋医学・皮膚科の先生から見えるアトピーとは

西洋医学・皮膚科の先生から見えるアトピーとは

皮膚のバリア機能が低下した乾燥状態に、アレルゲンの侵入
(ダニ・ほこり・食べ物など)やストレスなどの多様な環境的要因が
重なって起こると考えられています。

原因や症状には個人差があり、症状を悪化させる要因も
人それぞれ異なるのがアトピー性皮膚炎の特徴です。

日本皮膚科学会によるとアトピー性皮膚炎とは、「増悪・寛解を繰り返す、瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ(アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより)」と定義されています。
つまり、「かゆみのある湿疹」「よくなったり悪くなったりを繰り返す」「アトピー素因を持つ」という3つがアトピー性皮膚炎の特徴といえるでしょう。

アトピー性皮膚炎を悪化させる要因として、ダニ、ハウスダスト、
花粉、カビ、動物の毛などのアレルゲンは、広く知られています。

このようなアレルゲンの多い環境の中で暮らし続ければ、当然
アトピーは悪化の一途をたどってしまうばかりです。

食事でアレルギー症状を引き起こす原因となるアレルゲンを
摂取している場合も考えられます。

他にも、寝不足や過労、精神的なストレスでもアトピーは
悪化すると言われています。

アトピーの原因・東洋医学的見解

アトピーという意味は、最初の「ア」は「トピー」を否定する接頭語で、
「これといって決められない」という意味です。

つまり、アトピー性皮膚炎の意味は
「原因をこれといって決められないような奇妙な皮膚炎」と
いうことになります。

アトピー性皮膚炎の患者さんの多くは、何らかの物質に対して
アレルギーをもっています。

抗原抗体反応が病的に過剰反応となってしまった状態を
アレルギーといいます。

皮膚や粘膜から血液中やリンパ液中に異物(アレルゲン)が侵入し、
それを体が驚異とみなした時、主に肝臓の作用により
「抗原抗体反応」が起こります。

その時、異物がバイ菌の住み家になる可能性もあるので、(1)「体力を振り絞って熱を発生させてバイ菌の増殖を防止したり、血管を収縮させないようにしたりする」 や、(2) 「汗をかいて異物を体の外へ押し出す」という反応が起こります。この反応が病的になると、肝臓に過度の負担がかかり、結果、局所的に熱を帯びた痒みの激しい湿疹が生じてしまうのです。

※:tenshindo.jp

アトピーに対する西洋医学と東洋医学を要約すると

どっちが正しいの?

どっちが正しいの?

西洋医学では、皮膚のバリアーが何らかの異常が発生し、
アトピーの素因(元)を持っている人に発生するものであり、
皮膚組織そのものを正すことに注視していることが分かります。

一方、
東洋医学では、アトピーの原因であるアレルギーは、体外から
異物として侵入してきた物質に対して、身体が異常に反応し、
血液や、しいては肝臓が過剰にはたらきすぎ、本来の機能を
逸脱したことによって起きる、異常性の「抗原抗体反応」
であると、考えています。

両者の違いは一目瞭然で、ダメな部分を切り取ったり、
蓋をしたりする西洋医学的治療を選ぶ方がいいのか、いやいや、
アトピーも体の機能の異常だから、血液の流れを良くするための
方策が必要だとなっているわけですね。

東洋医学的な選択方法としては、まずは漢方薬で炎症を
取り去ってから、その後、体を温める方法が効果的です。

ようするに「悪い熱を取り去ってから、良い熱を与える」と
いうことになります。

とにかく、十分な休息をとり、リラックスすることが重要です。

アトピー性皮膚炎の患者のほとんどが、責任感が強く、気配りが
行き届き過ぎるくらい真面目な方々です。

自分の体を犠牲にしてまでも、
仕事を背負い込んで頑張ってしまっています。

アトピーについて最近分かってきたこと

近年、特に、花粉症やアトピーなどのアレルギー性疾患に悩まされる人が
多くなってきています。

これらは、なかなか治りにくい頑固な疾患で、
治療も長期化する傾向が強いのです。

不安も大きく、そのことがストレスになってくるんです。

ある糖尿病専門の病院で、糖質制限食をほどこしていた
アトピー持ちの患者さんが、まず最初に乾燥肌がしっとり
と潤いを取り戻し、長年悩まされてきたアトピー性皮膚炎が
良くなったという人がいました。

糖質制限食がアレルギー疾患の改善に効果がある理由については、
まだ分かっていない部分が大きいんですが、糖質量の少ない食生活が、
人間本来の食事の形態に近いことから、体内の代謝が安定し、
自然治癒力が高まるのだろうと推測されます。

飽食の時代、いつでも美味しいものが食べられるようになって
きたのですが、健康を作る食べ物を口に入れるのは、
自分自身でしかできません。

栄養のバランスはわかっているのだけれど、ついつい甘いケーキを
目の前にすると食べてしまったり、テレビを見ながらせんべいや
クッキー(米や小麦粉はでんぷんという糖質です)を食べたりしてしまいます。

まず、

糖質を半分にしてみましょう。お腹がすいた分は、フランクフルト若しくは
ゆで卵で補いましょう。

おやつもせんべいやクッキー、ポテトチップはやめて、するめいか、
ジャーキー、チーズに変えましょう。

糖質制限した食事に切り替えること

糖質制限した食事に切り替えること

糖質制限に変えると、お通じが今までの半分の量になります。

体も軽くなり、昼間から眠いのやだるいのが取れていきます。

そこから、体の内側からDNAに作用するプラセンタの登場となるのです。

キルギス産の放牧馬を使用したプラセンタを体験

キルギス産の放牧馬のプラセンタ

キルギス産の馬プラセンタは、一般的に流通している豚プラセンタに比べて、
特にアミノ酸含有量の違いが大きな特徴です。

馬プラセンタは、人間の体内で生産することのできない
必須アミノ酸を含む数種類のアミノ酸を、非常に理想的なバランスで
含んでおり、その含有量は豚プラセンタの約300倍と言われ、
さらにコラーゲンの主成分となるプロリンは約718倍とも言われています。

ホースプラセンタ(高濃度×高品質、ハリと潤い!)公式ページ

安いプラセンタに飛びついても

ホースプラセンタで使用しているキルギス産の馬プラセンタは、
薬物などを一切使用せずに飼育され、安全品質も非常に高い水準の
プラセンタです。

品質はもちろん、配合量も他に類を見ない、世界トップクラスの
185mgまで配合しました。

最高水準の飼育環境で育てられた馬から、抽出されたプラセンタは
安全で高品質であり、EGFなどの各種『成長因子(グロースファクター)』を
ほとんど破壊することのない栄養価も非常に高純度です。