東京五輪で話題沸騰!あの人のロゴマークデザイン・値段からくり

ロゴデザインの相場

東京五輪で話題沸騰!あの人のロゴマークデザイン・佐野研二郎氏の主な作品は誰もが知っているような製品も多く、資生堂 ザ・コラーゲンやLISMO!、ラ王などのデザインロゴで知られています。原宿の、おしゃれなビルに構える佐野氏は、政界や実行委員にも顔の利く大物だったのです。

佐野研二郎デザイン事務所と五輪委員会の関係

会社名   MR_DESIGN, INC.
本社所在地 東京都渋谷区神宮前3-30-12 Gビル 3F_A
代表者   佐野 研二郎
設立年   2008 年
事業内容  グラフィックデザイン、広告/CM/パッケージ/グッズ/キャラクター 制作、企業CI/ブランディング等、デザインから派生する統合的なコミュニケーションの提案。
Webサイト  http://www.mr-design.jp

オリンピックエンブレムのデザイン費により、グッズ関連の売上などで入るライセンス料は、佐野研二郎氏の元に入るお金は200億とも言われていました。

後に訂正ありました。

佐野研二郎氏と組織委員会における関係

・盗作を認めた佐野研二郎氏の兄が経済産業省商務情報政策局 情報経済課長である佐野究一郎氏
・JOC理事でJSC理事長の河野一郎氏の右腕と言われるJSC日本スポーツ振興センターの佐野総一郎氏が、佐野研二郎氏の親戚
・佐野研二郎氏が教授を務める多摩美術大学の教授仲間に永井一史氏という人物がおり、永井一史氏の父親は永井一正氏と言い、今回のオリンピックエンブレムの審査委員代表
・去年富山県立近代美術館で開催された永井一正氏のポスターライフでは、佐野究一郎氏が尽力
出典:次々芋づる式に出る五輪ロゴ関係者

ロゴマークが必要な理由

実は私たちにとって、自社や自社サービスのロゴが持つ意味・由来をきちんと言えますか?、となると、正確に言える人って少ないですよね。

コーポレートアイディンティティー(CI)と呼ばれている、ロゴやシンボルマークを使って、企業のコンセプトや、理念などを、社員はもちろん、対社会に対しても社のイメージを、一致させるもののデザインをCIといいます。

そのため、ロゴには会社の特別な思いが込めれていたりするのです。中には、理念なんてないなんという会社もあるでしょうが、自社のロゴに秘めた思いも知っておくことが、社員としての心得です。

ロゴマークデザインのコツ

夢ゴールイメージ・コメント大募集

ロゴは会社やサービスのアイディンティティです。ロゴに込めたストーリーが熱ければ熱いほど、その会社の対外的な印象も重厚になります。

また、会社やサービスを今後どのように展開していきたいか、その指標を定めることにもなるでしょう。ロゴを使うシチュエーションは様々です。

ゴム印、カッティングシート、faviconなど、色々なシチュエーションが考えられるので、線や模様が細かすぎると、つぶれて見えなくなってしまうリスクがあります。

遠くから見た際も「あ!あの会社だ!」と分かるロゴが良いですね。できるだけシンプルで分かりやすいロゴが良いでしょう。

Yahoo!のロゴは赤色

Googleのロゴはなんとなく青のイメージがありますよね。他社がどんなカラーを用いているかを事前調査した上で、それとバッティングしない色を用いると良いでしょう。

ロゴマークデザイン相場

デザイン料っていくらが相場なんだろう?」これは、ロゴマーク制作を依頼する時に誰でも持つ疑問です。

デザインの世界は一般の人からすると雲の上の存在で、とても高そうなイメージもありますよね。「デザインによるため相場はあってないようなもの」、これが一般的な認識のようです。

ネットで依頼可能なデザイン会社だと、ロゴデザイン図案がいくつで修正何回までと詳細な料金プランが用意されている会社で3万円から5万円位、あとは高くても数十万単位までというのが相場と言えるかもしれません。

また有名デザイナーを抱えているデザイン制作会社、事務所は、料金はもちろんもっと高くなります。

大企業との契約であれば、数百万以上になるそうです。

デザインの世界というのは、相場があってないようなものだと言われていますが、それは、デザイナーやその会社の知名度、実績、営業力、商標登録関係、総合的に見た対価だからです。

ネットで受注可能な会社は短納期かつ料金が安く、知人ならコミュニケーションがとりやすい、実績のあるデザイン会社なら安心感があるなど、それぞれに異なるメリットがあります。料金の安い高いにのみ目をとられることなく、それぞれのメリットを良く見ることでベストな判断ができると言えるでしょう。

ホームページロゴの重要性

今回の五輪、佐野研二郎氏のエンブレム疑惑には、デザイン会社も困惑していることでしょうね。佐野氏のデザイン事務所が悪いわけではないのです。

その決定の仕方に疑惑があるのです。ロゴデザインは、ホームページのロゴも大切なデザインとして認知されてきています。

簡単なデザインなら、フォトショップやイラストレーターで、作ることも可能ですが、できるのなら、プロに任せてみるのも、一案です。

素晴らしいデザインも3万円くらいからありますので、アイデアを考える時間・信頼性を考えたら是非一度、お気軽に、問合せてみるといいでしょう。

↓     ↓     ↓     ↓


最短即日で世界に1つのロゴマークが手に入る! 世界に1つのロゴマークを選んですぐ購入出来ます。サイト上のロゴマークは誰かが買うとソールドアウトになるので、誰かと同じロゴを購入することはありません。 オリジナルロゴマークを安く最短で必要とする人には最適です。

商標登録とロゴマーク作成をセットでご提供。 ややこしくて手間のかかる作業を商標のプロとデザインのプロがワンストップで提供します!
ロゴマークを作って商標登録しようとしたら、他の人が似たロゴマークをすでに登録してた・・・。
商標登録あるあるNo.1です。ロゴマーク作成から商標登録まで一括で行うから実績が段違い!
商標登録率100%を誇るのはLOGO市商標プランだけ!
[metaslider id=1348]