ラグビー五郎丸のポーズ・ルーティン講座

五郎丸,ルーティン

五郎丸選手のルーティンの作り方

画像出典:ナンバーweb

ラグビー日本代表で活躍した五郎丸歩選手のルーティーンについてです。どのようにして五郎丸さんのルーティンは生まれたのか、ルーティン効果は、なぜアスリートにルーティンが必要とされるのかをまとめました。

またルーティンを行うことは、アスリートばかりでなく、私たちでも日常の生活の中にも取り入れることによって、「気づき」や「やるべきこと」が見えてくるのです。

ラグビーワールドカップ・イングランド大会日本代表の活躍

ラグビーワールドカップ(W杯)イングランド大会にて、日本は1次リーグB組初戦で、世界ランク3位という強豪・南アフリカと対戦し、じつに24年ぶりの勝利をあげました。

この試合の最大の功労者である、日本代表FB(フルバック)の五郎丸歩選手の活躍が大きいかった、トライ1回、ペナルティーキック、コンバージョンキックで、全43得点のうち24点を自ら、たたき出したのですね。

そんな五郎丸選手といえば、あの独特なキック前のポーズ。鳥が何かを探しているような、タイのキックボクシングの時の儀式「ムエタイ」のような、独特のあのポーズ。

何をしているのか、わからない人が見たら「五郎丸ってかわいい!」などと、思うかもしれませんね。

五郎丸歩選手のルーティン動作
ボールをセットする前にボールを2回廻してからセット。

→ 4歩うしろへ下がる。

→ 右へ2歩移動する。

→ そして何かをイメージするかのように右手を2回ほど左手に送り。

→ 姿勢をかがめて、手を祈るように合わせるが、祈りのポーズでは決してない。指を突き出している。

→ そのポーズのままゴールポストを数回見る。

→ そして時間をかけずにキックする。

この一連の動作をプロスポーツの世界では、ルーティンといいます。

習慣作りをするという意味です。イチローの「物まね」などで行われる「あれ」です。プロ野球のバッター、ピッチャーも、必ずルーティンを持っています。その行為が目立つほど、変わっているほど印象深いバッターとして記憶にも残りますね。

「夢実現」が、わずか2ヶ月で叶う方法とは!

ルーティンとは

ルーティーンは学校の教育現場でも使います。きまりきった手続きや手順。また、日常の仕事。日課。「○○ワーク」など。ルーティンという言葉を聞いた事がない人はたくさんいると思いますが、ルーティン(routine)とは、決められた一連の動き、決められた一連の動作の事をさします。

この他、決められたパターンなどの意味を持っています。ビジネスにおけるルーティンとスポーツにおけるルーティンのメリットに関しては、目的が若干異なるぶぶんもありますが、ほぼ世界は違っても考え方は一緒なんです。

ルーティンがもたらすスポーツアスリートに与える最大の影響は、メンタル面にあると考えられています。

精神面・プレッシャーが一番コントロールできないと、言われているからですね。スポーツアスリートたちが、ルーティンを行うその理由は、自分がいつもと違うところを、探しやすいからですね。

毎回決まったときに、同じことを行うことにより、今日の自分の様子を比較しやすくなります。いつもと違うことを修正することで、失敗やけがをする確率をなるべく減らしているのですね。

特に、緊張する場面においてルーティンを行うことは、普段の練習と同じ精神状態を作り出すことにつながり、プレッシャーから解放されるのですね。

成功者の意外な5つの共通点、

成功者はルーティンにこだわる

1、ルーティンは目的を達成するための手段である

成功は自分ひとりの力では叶いません。必ず誰かの助けが必要となります。人はやみくもに人を助けることはしません。人に助けられる人とは、人にやさしく、人を裏切らない人です。自分ひとりの力など限界があるのです。そのための作業としてルーティンがあります。あるものはトイレ掃除をし、あるものは出勤途中の公園のごみを拾ったり、机を毎日拭くのもルーティンです。

2、ルーティンを行う理由

人に助けられれ人になるためには、やさしい心、相手の役に立つ行動が必要です。そのための、作業として、奉仕活動があるのですね。人の為になる活動の事です。毎日行うことで、心が強くなります。掃除をすることによって、心のくすみが晴れます。毎日ドンドンくすみが取れていきます。掃除をすると気が付きますが、あっちも汚れている、こっちも汚れていることに気が付きます。今まで気が付かなかったことが、気がついてくるのです。

ルーティンの作り方講座

『以前の私は、何もできないくせに全て自分で何とかしなければならないと思い、周りを自分の思い通りにコントロールしたいと考えていました・・・でも・・・』この「「30日でかなう人生設計ソフト」と出会えたこと、とても感謝しています。

人は目標を掲げます。大きな夢を掲げます。

しかし、

それが叶うのは、わずか5%の人たちだけです。残りの95%の人たちは、挫折します。

そして、

失敗を繰り返すのです。その違いは何か?自分の心を、コントロールできないからです。コントロールをする「ルーティン技術」がないからともいえるのです。

窮地に立たされるのは、アスリートだけではありません。あなただって、そういう時が襲ってきます。その時に、技術力があるのかないのか、これが問われるのです。
[metaslider id=1092]