知っておきたいイ・ボミの強さ7つの秘密

ゴルフ5の企業イメージカラーである緑を身にまとったイ・ボミは、悠然と芝生の絨毯を歩いた。それはまるで女王の行進のようでもあった。

7つのバーディーをとっても、3つのボギーを叩いても、27歳の女王は感情をさらけだすことなく、淡々と目の前の一打だけに集中した。

これで、5ラウンド連続の首位。毎日、女王の椅子に鎮座することに、「うれしいけど、次の日のプレーで頭がいっぱい」と、今の地位に安住することはない。

就寝前には、必ずヤーデージメモを見て次の日の予習をするという。準備を怠らないことこそ、女王の座を守る所以だ。

※文章・画像はLPGAホームページから抜粋

①イボミの「心」の強さ

イボミはチャーミング

イボミはチャーミング

大きな瞳がチャーミングでそれでいてチャンスに強いイ・ボミちゃん。小柄ながらダイナミックなスイングは、日本でもイ・ボミファンはうなぎのぼりに増えているのです。イ・ボミは可愛さだけでなく、ゴルフの実力も折り紙つき。158cmの体でそんなに飛ばし屋には見えませんが、ゆったりしたフォームから繰り出すドライバーは、260ヤード超というパワーも持ち合わせています。

更に100ヤード付近からのアプローチショットはビックリするくらいな正確な距離感で、ピン事態がボールを呼び込んでいるように吸い付いていく感じです。更に、パットも上手いとあっては、どの試合も上位にくるのは当然といった感のイ・ボミです。

イ・ボミちゃんの心の強さはどこからくるのでしょうか。

②イ・ボミちゃんは気配りもすごかった!

日本で稼いでいる、韓国人であるイ・ボミの周囲への気配りは相当なもので、まず、第一に常に笑顔を忘れず、試合場でのサービス精神は旺盛で、長い時間をかけてでもサインに応じる姿もよく見かけます。

大王製紙エリエールで優勝したときには、イ・ボミのスパイクの靴ひもは右足が青、左足が赤でした。右の青が日本で、左の赤が韓国を表しているというのです。

イボミのスパイク

「私が日本でこんなにたくさんの応援を受け、ものを戴けているのが信じられないくらい。ですから、私もこのくらい日本が好き、という気持ちで青が日本カラー、赤が韓国カラーにしました」。

イ・ボミ選手のチャンスに強さの秘密は、メンタルだといわれています。心は鍛えれば強くなるのでしょうか。心は見えないので勝利は、実力もありますが、偶然勝ってしまうことってありますよね。天候やタイミングに左右されることもあります。

③あきらめない本当の強さとは

本当の強さとは、諦めないかどうかで、決まるのです。諦めないのは、偶然ではありません。必然、自分自身から湧き出る感情です。落ち込んだ気持ちを立て直すのは、強いパワーが必要です。

だから、

本当の強さとは、諦めないことを言います。強くなりたければ、諦めないことです。たとえ負けたとしても、諦めなければ、あなたは強いことになります。

2アウトランナー2,3塁、点差2点。野手の間を抜けるヒットを打てば、逆転の場面。ここで、確率的にいって2回に1回ヒットを打てるバッターを、チャンスに強い真の4番バッターといい、ファンの心を魅了するのだと思います。

逆に、チャンスの場面で、三振、凡退を繰り返すような選手では、プロとして生き残るのさえ難しいでしょう。皆同じように、練習時間を重ね、取組んでいるはずなのに人は頑張っている自分自身を分かってもらいたい、と考える生き物ともいえる一面を持っています。

精神的に強い人というのは、頑張っている人に、「頑張ったね」と、言ってあげられる人なのではないでしょうか。精神力の強い(優れている)人と違い、人の揚げ足をとることに一生懸命だったり、賛同を得たいのか人の悪口をいって、悦に入っているといった人たちとは、違うような気がするんですよ。

「最近の日本人って、何か変よね」「変な人が増えてきたのよ」とも聞きます。この件に関しては別の記事で連載しようと思いますが、生活習慣が乱れてきているからです。

たいがいの不登校児童や問題のある児童の100%は、家庭に問題あり、とされています。家庭が乱れているのです。家庭という組織(コア)が病気になっているのですよ。

④韓国選手のメンタルの育て方

イボミの強さの秘密

イボミの強さの秘密

それにしても韓国の選手は、イボミだけではなく、他の女子選手、男子選手も、日本人プレーヤーより、メンタルは強いような気がしますよね。特にイ・ボミはあんなにチャーミングなのに、メンタルが人一倍強いところも魅力ですね。すっと日本でプレーしてほしいですね。

だから、

イ・ボミのスイングを分析して、ダウンスイング時の膝の位置、トップの取り方、腰の回転の違いなど、様々な角度から日本の若手選手との違いを、浮き彫りにさせることに関しては、研究はしつくされているといえますね。

どの筋肉を鍛えたら、飛距離がでるのだろうか?集中力を高める、手の平の位置、肩の使い方、はたまた、パター選びなど。

⑤イボミの強さの秘密

イボミ韓国選手のメンタル

イボミ韓国選手のメンタル

イ・ボミの年間獲得賞金が、2011年のアン・ソンジュプロに並ぶ、史上最速での1億円突破になりました。今シーズン既に2勝。さらに2位が5回。

ベスト10フィニッシュが出場15試合中、なんと11回という驚異的な安定感です。イ・ボミプロの強みは、ショットの安定感。ツアー屈指のショットメーカーとして知られ、パーオン率は現在ツアー3位です。

一般ゴルファーがパーオン確立を上げようとしても、プロの世界でも厳しいのにアマチュアは、ボギーオン率を上げることを考えるべきです。

⑥韓国と日本の食生活の違い

イボミの強さは食生活

イボミの強さは食生活

たとえば、お漬物。

日本ではぬか漬け、塩もみ、しょうゆ漬けが中心です。

一方韓国では、ご存知の通り「キムチ」が主流です。主原料となる白菜や大根、ヤンニョ(キムチを漬け込むための、野菜、果実、唐辛子、塩辛類、アミ (甲殻類) などを漬け込んでいます。韓国のそれぞれの家ではしょっぱさが好きだったり、甘みのあるものが好きだったりと特徴があるそうです。

いくら発酵食品は体に良い、乳酸菌は体に良いといっても、その質量では、韓国の漬物には到底かないません。漬物にタンパク質まで含んでおり、果物が発酵することにより酵素が育ちます。

実はしょっぱさは、古いから腐っているのではなく、乳酸菌の量でもあるのです。これが毎日、続くのですから、韓国の人の集中力・持続力は食べ物から作られているといっても過言ではありません。

⑦韓国のゴルフ事情

イボミのゴルフ事情

イボミのゴルフ事情

韓国では、ゴルフ場が日本ほど整備されていません。フェアウェーはでこぼこで、グリーンだって、ボールがあらぬ方向に行くことだってあるのです。それに比べて、日本のゴルフ場は整備されています。

それと、賞金の金額が日本は韓国よりはるかに多い。だからこぞって韓国選手が日本にやってくるのです。おまけに彼ら、彼女らのメンタルは食べ物で強化されているので、普通の日常生活しか送っていない、「やわな」日本人では勝てるわけがないのです。

国を挙げてゴルファーを育成している韓国の、スポーツ事情が、ここ数年来じわじわと成果を表しているのです。当時、同じ韓国の朴セリの米国での大活躍を見て憧れ、12歳でゴルフを始めたイ・ボミは、アマチュア時代から韓国ナショナルチームの予備軍に選ばれ(06年)、07年20歳でプロ転向しました。

韓国下部ツアーを経て、09年にはレギュラーツアーで初優勝してトップ10入り8回と、潜在能力を一気に開花させました。10年には年間3勝して韓国賞金女王。「テレビを見て日本でプレーするのが夢だった」(イ・ボミ)と、10年末の日本ツアーQTにトライして10位。11年にはツアーのフル参戦権をつかみ、日本ツアーに上陸してきたのです。

ゴルフで90を切る一番手っ取り早い方法

夢ゴールイメージ・コメント大募集

プロや暇な経営者がゴルフがうまいのは当たり前。ゴルフの上達を妨げているのは錯覚と誤解なのです。

↓     ↓     ↓     ↓

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法

あなたはこの手紙を無料で読むだけで、ゴルフの上達法が、わかってしまうでしょう。そんなゴルフ上達のヒントが満載です。また、ゴルフはさわやかな緑のグリーン上でウェアーが映えますよね。

特に女性ゴルファーなら、必見!GISELeGOLFでは可愛いゴルフウェアを厳選セレクト!コーディネートもたくさんあって見ているだけで楽しくなれちゃう♪おしゃれにゴルフを楽しみたいならGISELeGOLFをチェック!!

イボミ強さの秘密

イボミ強さの秘密

雑誌GISEle公式ゴルフ通販なら

↓    ↓    ↓

ジゼゴルフ オンラインショップを覗いてごらん!

かわいいアイテムでゴルフ場に出かけてみては。

[metaslider id=1091]