いじめ問題は誰が解決してくれているのか?

文科省は、いじめの問題への対応に当たっての基本的認識、学校における取組家庭における取組国における取組社会における取組、についての方針を打ち出している。

おおむね、文科省はの見解としては「弱い者をいじめることは人間として絶対に許されない」との、認識であるようです。どこまで本気なのか、もしも自分の子供がいじめの被害にあったら、誰が助けてくれるのかを検証していきます。

いじめの問題の解決のために当面取るべき方策等について

ここで、学校や国における取組については、お達しが回ってきて違反すれば咎められるでしょうが、一般の家庭には、どうやって回覧されているのでしょうか。

いじめの問題の背景には、いじめる側や傍観者に思いやりや他者の痛みが分かる心、

善悪の判断、弱い者を助ける勇気、正義感、遵法精神等が欠落している点があるものと考えられる。

各家庭は、このような人間として備えるべき基本的な生活習慣・態度等を身に付けさせる

第一義的な責任は、まず家庭にあるとの自覚を持つ必要があり、また、このような観点から、

常に子どもの生活態度を見直してみることが大切である。

夢ゴールイメージ・コメント大募集

家庭は、何でも率直に語り合える深い信頼関係で結ばれた親子関係によって支えられた、

子どもにとって真にやすらぐことのできる場所でなければならない。

そのためには、子どもの日常生活に十分に目を配るとともに、子どもと一緒にいる時間や

話す機会を持つなど子どもを理解しようと努めることがまず大切である。

また、狭い尺度で子どもを評価せず、広く大きな視野から子どもの成長を温かく見守り、

その子どもの持つ特性・個性を十分に伸長するよう、手を差しのべていくことが必要である。

さすが文科省というかお役人の答弁としては、ほぼ完ぺきではないでしょうか。そして、その通り家庭で実行できていればの話ですよね。

たいていの家庭ではこのような事を考えながら、子育てもしていると思われます。ここで問題なのは、チェックできているかどうか、誰がチェックしているのかどうかですよね。

後で文句を言われるのが嫌なので、「一応言っときましたからね」では、根本は解決はしないですよね。学校とは別に、子ども成長促進組織とでもいう組織を作り、一件一件チェックする組織があってもいいような気がします。

児童500人程度の学校であれば、3~4人もいればできるんじゃないかな。

弱い者いじめをしている奴は誰だ!

夢ゴールイメージ・コメント大募集

いじめている奴の共通点として、「自分の考え方が100%正しい」と思っている。だから相手を見た目で判断したり、性格で判断したり、勉強のでき具合で判断したり、意見が食い違っていたりすると、からかいたくなるのだという。

総合的な判断基準としても「超ジコチュー」な奴だ。「ワル」の仕業から、最近では「PTAの子」「会社社長の子」が多いらしい。

なるほど超自己中でなきゃ、会社なんか経営出来んもんね。

いじめはエスカレートする

夢ゴールイメージ・コメント大募集

最初はちょっかい、からかいから始まるそうだ。相手が抵抗しないと、それがだんだん面白くなるそうだ。

そのうちに、みんなの賛同がほしいから見ている前で行うようになるという。

そして、

犯罪スレスレのことがしたくなる。とまあ、中学生の悪がきの遊びの延長くらいにしか考えていないのだろう。

弱い者いじめを見逃している奴は誰だ!

夢ゴールイメージ・コメント大募集

いじめはエスカレートする。

そして賛同を得たいがために、数人若しくは複数、あるいは教室での行為が起き始める。教室内で起きていることならば、根は相当に深い所に行っていると心得よ。

この時点で、クラスメート数人、若しくは複数、あるいはクラスメート全員、先生も、いじめの目撃者となっていると考えてもよいだろう。

弱い者いじめを助長している奴は誰だ!

夢ゴールイメージ・コメント大募集

いじめてるやつに「ど根性」なんかない。だから誰かしらに、賛同を得たいと思う気持ちがあるのだ。

その時こそが、いじめ撲滅のチャンスなのだ。当然一人で立ち向かえば、反逆されるのが落ちである。ここいらへんで、そういった子ども成長促進組織みたいなところがあれば、匿名で調査を依頼できることができればいいのだが。

学校の先生なんかにお願いしたって、先生は忙しくて後回しにしかしてくれないよね。先生の仕事は、授業を行うことだけではない。家にも仕事を持ち込まねばならないほど多いのだ。

テストの採点、答案用紙の作成、クラスの生徒との連絡、学校行事の作成と立案、授業を分かりやすくするための研究、教科書が正しいのかどうかの検証。運動会の時期なんかになると、そりゃあ、猛忙しです。

こんな時期に相談されると、しっかり対応できない教師もいるかもしれません。

弱い者を守れと教えている奴は誰だ?

夢ゴールイメージ・コメント大募集

いじめをなくすために頑張っている人は誰ですか

残念ながら、この検索言葉でヒットした人物はいなかった。出てきたのは、教師、教育委員会、くらいか。

長崎・広島の原爆で死んだ人も、東日本大震災で津波にのまれて死んだ人も、鬼怒川が決壊して死んだ人も、いじめで死んだ人も、大きいも、小さいも無いのです。遺族の悲しみは、どんな死でもつらいのです。

ただ、

防ぐことができるようになるならば、遺族の悲しみは少しでもいやされるのかもしれません。この世の中に、弱い者を守ってくれる人などおりません。

あなたは、あなたの生き方で生きるしか方法はありません。他の人の責任にしたってどうしようもありません。

学校が、先生が、社会が、国が、あなたの家族を守れるのは、あなたしかいないのです。この世にヒーローなどいないのです。

自宅でこっそり強くなれ!

↓     ↓     ↓     ↓

『以前の私は、何もできないくせに全て自分で何とかしなければならないと思い、周りを自分の思い通りにコントロールしたいと考えていました・・・でも・・・』

自分の人生を、うまく舵をとれなくなったときは、あなたには参考書が必要なのです。

↓     ↓     ↓

30日でかなう人生設計ソフト

いじめ問題は、誰が解決してくれるのか?と考えている時点で、アウトです。学校に行かせないのですか?もしも、あなたから中学時代の思い出がなくなったら、どういう人生ですか?

人に頼るのではなく、自分で解決していきましょう!自分でわからなくなっている時は、技術が伴っていないからです。生き方が、優柔不断だからです。良い参考書に出会って、トレーニングしてください!

廻りに良い参考書が沢山あるのに、おそらく、目に入らなかったのでしょう。自分たちが変わっていくことでしか、解決の道はないのですよ。

一歩前へ進んで行きましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

[metaslider id=1093]