児童の生活の乱れ4パターンと再起動の方法

思春期

子供たちの生活の乱れ、不登校・いじめについて、どうしてこれほどまでになってしまったんだろうと思いますが、紐解いていくとあるパターンに導かれました。

不登校の原因とは。

原因をまず4つのパターンで理解し、次に問題の解決の方法を探っていき、生活の乱れを正すための再起動の方法を解説します。全部読み終えるのに10分程度かかりますのでぢ時な事ですから読み飛ばさないようにしてご覧くださいね。

不登校とは、

児童は、学校に行くことに対し不安感を持っているのに加え、友人にも会いたがらないことが多く、学校という1つの社会に入っていくことを強く拒む心理状態になっているんですよ。

つまり

欠席を続けることには強い罪悪感を持ち、本人も現状に問題があることは強く認識しているのが特徴なんですよ。朝、学校へ行く時間になると腹痛を訴え、情緒不安定になるのがこのパターンですね。

①無気力型の登校拒否

無気力型の不登校児童の特徴として、学校でのトラブルや悩みが特に存在しないにも関わらず、登校する意欲に乏しい状態です。

本人があまり学校へ行く必要性、義務感を認識していないのが特徴で、欠席することに対する罪悪感もほとんどありません。休むことに明確な理由はないので、強く促せば一時的に登校することもありますが、

自発的に登校しているわけではないので長続きはしません。

②学校内での影響(いじめ)から

学校でのいじめ、先生との関係、学業の不振など学校生活における問題が原因で、不登校になっている状態を指します。

子どもとしては、単純に学校生活における問題を恐れる、あるいは避けたいといった心理であり、問題が解決すれば登校する可能性が高いと言えますね。

③非行(荒れる)による登校拒否

素行が悪い友人グループなどと一緒に行動し、無断欠席・遅刻・早退などの行動を繰り返しながら、徐々に登校しなくなるタイプです。

小学校の段階では少ない型で、中学校の段階で多く現れます。中学1年の過ごし方に注意を向けることが大切ですね。

④学習障害(遅れ・理解不足)からくるもの

特定の教科を苦手としてしまい、人並みに勉強しても結果が出ない…と悩みがちです。学習障害の子どもが学業不振を理由に不登校になった場合、本人の努力不足ではありませんから、叱責や激励によるプレッシャーを与えることは逆効果になるんですよ。

このように児童の心の乱れ、生活の乱れには4つのパターンがあり、それぞれの対処法で望まなければなりません。

楽しい学校生活を送っている子供たちの生活

子どものしつけはなるべく優しく……と思っていても、何度言ってもできない時や忙しい朝などは、ついつい叱ることも多くなります。

叱るのも「もっとがんばれ」と励ますのも、子どものためを思えばこそ。ところが、そんな「叱咤(しった)激励」的な子育てでは、社会生活を送るために必要な力があまり身に付かないということが、独立行政法人国立青少年教育振興機構の調査結果でわかりました。

※引用ベネッセ教育サービス

「礼儀・マナースキル」が高い子どもは、体験支援的接し方をよくしている家庭は63.8%、時々している家庭は59.0%、あまりしていない家庭は52.9%となっています。

また「課題解決スキル」が高い子どもは、体験支援的接し方をよくしている家庭が52.7%、時々している家庭が49.2%、あまりしていない家庭は41.9%という結果でした。

子供の生活習慣レベルを高める唯一の方法!

不登校の生徒、荒れた生徒、学習の遅れた生徒の問題を考えるとき、児童個人に対して生活指導を行うことはやめましょう。実は、問題の根底にあるもの、それは「家庭環境」だからです。

だからいくら、注意しても、怒っても、励ましても生徒に何回言って聞かせて、納得してもらっても、個人の生徒には、直ぐに元の木阿弥になってしまうんですね。

その原因とは

家庭環境の乱れ

元公立中学校の先生で、

無名の中学校の陸上部を17回も全国優勝に導いた

↓    ↓

 原田 隆史 先生は、言っているんですよ。

「私が指導した中学生には、厳しい生活環境に育った子供もいました。私は生活指導の教師でもあったので、子供が喧嘩や喫煙、いじめなど、学校で問題を起こすたびに、家庭を訪問しました。すると、両親が不仲だったり、リストラされたり、家庭の問題が見えてきました」

そのことによって、子供の学校生活にも影響が出ていたということが、わかってきたといいます。そのため、家庭生活にまで踏み込んで指導されてきました。

その結果わかったことは、家庭生活から立て直していけば、学校で問題を起こしていた子供も、生活環境が変わり、大きく成長できることがわかりました。

普通の子の何を変えれば、日本一になれるのか?

公立中学ですから、入学してきたときは普通の子です。しかし普通の子でも「絶対日本一になるんだ」と、本気で思えば日本一になれるということですよ。

では、普通の子の何を変えれば、日本一になれるのか?スポーツには「心・技・体」があるといいますが、日本一になるためには、技術、体力以上に「心」が大事だということですね。

幅跳びひとつ飛ぶのにも、踏切に空中動作、などたくさんの技術・ノウハウがありますね。ところが、どんなに技術を磨いても、それだけで日本一にはなれない。

その子の「心」が育たなければだめだということです。夢を絶対にかなえたいとおもうのなら、本気で「心」と「生活」を変えなければいけません。と

↓    ↓

原田 隆史 先生はいっているんですよ。

勉強の遅れを取り戻す、正しい勉強法

小学6年生になったら

↓     ↓     ↓     ↓

中学受験用 要点まとめノート 社会(歴史)完璧版! 

中学受験に出る社会の問題をまとめたノートがあります。

本当?自宅に居ながらにして空手を学ぶ

近年、子供の頃から空手を始める方が多く、実際の道場に行っても白帯(無級)の大人の数は少なく、大人になってから通いづらい現状になっています。

また、

実践空手として有名な極真空手ですが、安全志向の風潮から、安全な型を中心に学びたいという方が増加してきていますね。そのような背景から、型を中心に学べる”おうち道場”をインターネット上に開きました。

↓     ↓     ↓

【”おうち道場”~黒帯への道~入門編】

特徴は、以下となります。 ・朝でも夜でも、都合の良い時間に鍛錬できますよ。

no name
・周りを気にせず自分のペースで鍛錬できます。
保護者Bさん
・慣れた場所で、落ち着いて鍛錬できます。

保護者Aさん
・必須要件を満たすことで、昇級審査を受ける資格が取れます。
保護者Bさん
・レポートを提出することで、道場師範の指導(動画コメントなど)が受けられます。

保護者Aさん
セミナー・合宿・イベント等、学習をサポートする企画も実施。
保護者Bさん
・極真空手の型をじっくりと習得したい

空手を始めようと思っていても、道場に通うことに抵抗・不安を抱えている方もいらっしゃいますね。

↓     ↓     ↓     ↓

【”おうち道場”~黒帯への道~入門編】

あなたの中の天才を目覚めさせ、成績を伸ばし続けるノウハウ

成績が伸び続ければ理論的にはどんな試験にも合格できますよね。実際、たった2カ月で成績が43番から3番に上がったり、なかなか合格できなかった、米国公認会計士試験に2科目立て続けに合格したり、全科目30点以下から地域のトップ私立高校合格と、高校生、社会人、中学生とも高い成果が続出していますよ。

↓     ↓     ↓     ↓

楽しく勉強して学力を伸ばし続けるマニュアル 偏差値30台(クラスでびりから2番目)の劣等生が東京大学に入れた受験必勝法

子供の成長を後押しするアイテム<のびのびスムージーとは>

伸び悩みの成長期の子供の栄養補給に悩むお母さんのために開発された栄養飲料です。 アルギニンやカルシウムだけという偏った栄養ではなく、 成長期に必要な栄養素がトータルで補給できることがポイントです。



のびのびスムージー使っている人の生の体験

保護者Aさん
同じサッカー部の仲がいい友達が中学2年生あたりから急にぐんぐん伸びだして、あっという間に抜かれてしまいました。その子が飲んでいたのがスムージーだとお母さんから聞いたので、さっそくうちの子もはじめてみました。
保護者Bさん
バスケをしているのですが家系的なせいなのか、 小さいことに悩んでいました。どうしてもレギュラーに選ばれなく部活をしているのがつらくなっていた ときに、家族がなにかいいものはないかと探して くれたのがきっかけでした。こんなものを飲んで 大きくなれるなら苦労してないと最初は半信半疑 でした。

>>成長サポートのびのびスムージー公式サイトへ <<