成功者と路上生活者の違いは紙一重、一体何が違うのか?

成功者と敗者の違いは紙一重

今日の授業は、成功者と路上生活者の違いは紙一重というテーマですよ。物語風に仕上げましたので、読んでいくうちに「気づき」があるかもしれませんね。

成功者の話を読んでいたって、ダメな理由

あきらめなきゃチャンスははやってくるのでしょうか?

私は、成功している人たちが嫌いだ。態度が自信に満ち、良く自慢話もする、会社を始めた時、あれもこれも手を出して、失敗したそんな話も、私から見れば自慢話と写る。

でも、成功したい私は、いろいろな本よ読んで、成功法則を勉強した。ふと今読んでいる本に書かれているような人生を送っている、友人がいたことに気が付いた。彼に会って見たくなった。そして連絡をしたら、心地よく承諾してくれた。

今自分が苦労していること、仕事もうまくいかず、自分に自信が持てないこと、借金もあり、それが毎月のように迫って、追いかけてくることなど、洗いざらい、つっかえた物を想いっきり話してしまいました。

ふと我に返って、きっと、彼は迷惑がっているだろうと彼を見ると彼はニコッと笑って私にこう言いました。

それはね、努力が足りなさすぎるんだよ。稼ぐためには、一生懸命に働かなければならないよ。朝から足を棒にして歩かなきゃ。

そして、

儲からないことをやっているから儲からないんだよ。そうはいってもらっても、そういう答えを求めていたわけではありません。「彼もまた、あの話なのか」と、あきらめかけたその時、「君は行動を起こすことを学んでいるみたいだね」、といわれました。

失敗学なるものがある

成功している人から見ると、成功していない人の事が良くわかるようで、確かに、今の私は行動力がなかったし、考えているようで、考えていなかった。彼はいいます。後で、あの時頑張っていてよかったと思える日が来るよ、と。

そして、必ず成功者が必ずいう言葉。「産んでくれた両親を大事にしなさいよ」そして、彼は直ぐに友達に連絡して、こういう人がそちらに行くからその時は話を聞いてあげて、といって友達まで紹介してくれました。

成功者の日常的な行動

驚いたことに、成功した人は、成功者の友達が多いということです。一人二人まだまだこれからだなという人も交じっているのですが、そういった人も、成功に向かっていくのでしょう。その友達にも会いに行きました。

成功している人は、インターネットを酷使して、人と違ったビジネスを展開しているわけでもないし、今までにないユニークなアイデアを考え出して行っているわけでないんですね。雑誌などには、これをしたから成功したとか、目の付け所が違うとか、書いてありますけど、実際は、特別変わった物を販売しているわけではなくそこらへんにある、ありふれたものを扱っていて、結構泥臭いんですね。

結局は、やり方の問題だと気が付くわけです。成功している人の本を読んだり、あの人はこんなに偉かったんだよ、偉い人の話を聞いたってちっともダメなわけで、もっと大切なことは、そういう人に、会いに行かなきゃダメだということが分かりました。

目を見て、しゃべり方を聞いて、態度を見て、その人が出すオーラを感じなければならないのですね。本よ読んでいても、ある程度その人物のオーラは感じられますが、実際に本人に会って見なければわからない。

ただし、そこで、「人生で成功する方法について教えてください!」と頼んでも、これまたダメで、人生でのなかで、一瞬でバラ色に変えることは、出来ないんです。一瞬で変わるのは、お風呂に入れるバスクリンくらいです。

そんな魔法なんかあるはずもなく、最後に彼はこういいました。
 「学び続けなければならないんだとよ」、「行動しなければだめなんだよ」
 今君が、こうして私と会っていることも、君が行動を起こしたからなんだよ。

成功者と失敗ばかりする人

すでに、自転車にのって遠くまで出かけている人に、最初に自転車にのった時の話など、聞けるわけがありません。でも、何とか成功にすがりたいと思った私に、彼はこんな提案をしました。

「ホームレスと24時間生活を共にしておいで」と、こうなったら、勢いだ、どうせ何をやってもダメなんだから、1日くらい、仕事をしなくてもいいや、と考え、川沿いにあるホームレスがいる場所に行ってみたのでした。

普通の格好をしていると、仲間にしてもらえず、わざと服を着替えてからもう一度いった。彼らの中には、もと名前の知れた会社のサラリーマンだったり、元経営者もいた。ただし、あの鼻にツーンと来るすえた匂いは直ぐには馴染めない。

この生活は、気楽だ、何一つすることはない。経営者だった男は銀行の貸はがしで、会社を倒産させられ、娘もいるが何しているかわからないという。仕事はしたいけど、雇ってくれるとこなんかないらしい。

本当にそうなんだろう。

このホームレスの人たちと、成功している経営者との違いはいったい何なのだろうか?まだこの時点では、ぼんやりだが、両者の違いが少しわかったような気分だった。考え方や話す内容が違い、これは運命とかとは違って見えた。

成功者と失敗者の違いは、実は紙一重なんだと気が付いた。考え方、努力の違いによるものであるようで、もう一つ大切なものが欠落していたのです。努力だけではダメで、一生懸命に努力したって、会社からリストラされる人もいる。

一番の違い、それが、セルフイメージ。本当の自分はいったい何者なのかということをしっているのか知らないのか、の違い。自分は成功者になると考ええる人と、路上生活者でもいいや、と考えるかの違い。路上生活者でもいいやと考えれば、その通りになる。

まず考えが先にあり、それが言葉になる(だから会わなければその人物がわからない)言葉は行動を生む。それが現実の結果としてあらわれてくるのです。

儲ける人がいる一方、稼げない人もいるその違いは?

人が作った世界は、みんなそうなっている。たとえば、ビルだって、建てたいと思った人がいた。そこに設計者がいて図面を書いた、建設者がそれを建ててビルが出来上がる。人間の世界はみな同じなんです。

成功者は、自分は成功するべき人間だと思うから成功するし、失敗する人は、そうは思っていなかったのです。でも、稼ぎたいと思う気持ちはどちらも同じですよね。

現実には儲ける人がいる一方、稼げない人間がいる。儲けたいと思うのと、自分は儲けるべ人間だ、と思うことは似ていて180度違うのです。

「儲けたい、なぜなら、自分は儲けられる人間だから」

「儲けたい、だけど、自分は儲けられる人間ではない」

最初の時点で、考えることが、「楽しい事である」という人は、他人から見て困難だと思うことも、「楽しい」と考えています。ところが、最初の「考え」が、楽しくなく果てしなくつらい物なら、困難な時、「やっぱり」と思ってあきらめてしまうのです。

同じ儲けたいでも、こんなに違ってしまう。「旅行に行きたいな」と漠然と考えても中々実行できないが、「ハワイに夫婦でお正月に行く」では、目的がはっきりしている。

目標の立て方が、問題なのです。漠然とした目標ではダメです。クラストップ、学年10位以内。サッカーを見ていてもわかるんですが、何となくJ!に行けるように頑張るチームと、J1でもベスト3に食い込む為に、今の試合をしているのでは、違ってきます。

虫眼鏡をあてると太陽の光で紙が燃えますが、あれなど目標を1点に集中させているからです。科学の世界でもそうなんですから、生活面でもできるだけ具体的に目標を設定するとそれが、叶うようになるのです。

儲けたいという想いは同じでも、やり方に問題があるのです。あなたはまだそのことに気が付かないだけ。

↓     ↓     ↓     ↓

売れっ子女性起業家になるためのオンラインマニュアル・毎日自宅PCから本格的に学べる女性起業塾・『人柄ビジネス』オンラインコース6ヶ月講座(動画+PDF+テスト回答+メール返信付き)

このマニュアルは、売れっ子女性起業家になるための『人柄ビジネス』女性起業マニュアルです。

個人事業主や小規模な法人において、 一番の商品は「社長自身」だったりします。 提供サービスの内容は多岐に渡ると思うのですが、 お客さんは「この人に頼みたい」と思って 依頼を判断することが多いと思います。

[metaslider id=1700]