子供の発達要素!絶対にあれをしないと伸びない?

小さな成功体験

子供には、規格品などありませんよね。工場のオートメーションで作るわけではありませんよね。そこには、人の手が入ります。    ・・・・・・・ 親の手ですよね。

子供の発達要素

作り手の意志がどうしても働いてしまいます。作り手が、未熟だと、良い製品はできないものです。(製品というと語弊がありますが…)最初に、お母さん、お父さんが向き合って、大切なお子さんの育て方を、学んでいきましょう!

日本だけでなく世界中で、母親の育て方次第で子どもの能力が伸びるかのように思わされている節があるようです。そして、年齢に応じた標準、あるいはそれ以上のことができるように育てることが、母親の責任である。

今のお母さんたちは、そんなような考えにとらわれているの人もいるのかもしれません。

子供は、親のマネをして育つ

まず子供たちが生まれて初めて学ぶ先生は、お父さんお母さんです。お父さんお母さんを見て、真似をして、子供は学んでいきます。子供の成長は、真似をすることなのです。

お父さんお母さんは、真似をされてもいいようなお父さんお母さんになる必要があるのです。何も知らない子供は、まず親の背中を見て、真似をして、学びます。食事の食べ方、挨拶の仕方、横断歩道の渡り方など、日常生活の基本的なことを学ぶのは、家庭環境からです。

カエルの子はカエル」ということわざがあるように、子供は親にそっくりになります。親の行動、考え方、マナー、哲学など、毎日の家庭環境は、大きい影響を与えるところなのです。

子供が発達障害になった

夢ゴール

もしも子供が発達障害になったとしても、あなたの責任ではありません。

アインシュタインやエジソンは、とても変わった人でした。アインシュタインは3才頃まで言葉が出ませんでした。でも、彼は世間一般の流行や常識などに左右されることなく、自分の興味関心に没頭できたから大発見ができたという推測も可能です。

あなたのせいではありません。

見守ってください。

日本の子供は成長が早い

実は日本の子供たちは、世界で最も早熟と言われています。思春期を迎える時期(男の子であれば精通、女の子であれば初潮)が、欧米の子供たちに比べて1年程度早いことがわかっています。

夫婦仲良く

夫婦げんかをよくしていると、子供は情緒不安定になり、成長ホルモンの分泌が悪くなります。また、両親が争っている姿を見ていると子供は身の危険を感じ、本能的に早く大人になろうとするので、早く骨が固まってしまい身長は伸びなくなってしまうといわれています。

親の笑顔が、どんなに子供たちを救っているのでしょう。

子供の発達要素に重要な ”遊び”

夢ゴール

たとえば、積木。

どもの発達において「積み木あそび」が果たす役割は、想像以上に大きいものであることをご存知でしょうか?「積み木」は、よく「想像力」や「創造性」といった右脳的側面と関連付けられますが、実際には、それだけではありません。

積み木あそびをする場合、「目標設定」 とか「目標達成」、そのプロセスで生じる「問題解決」といった左脳分野を使いながら、子どもは遊んでいます。

つまり、右脳と左脳をバランスよく使って遊ぶことができるのが、積み木なのです。

砂場遊び

子供は砂遊びが、とっても大好きです。砂が手に触れること。これをもって子どもは砂と出会います。握っては手を開いて砂をこぼし、握ってはまた開く。

砂の感触は、手のひらや指への直接的な刺激を与えますが、この刺激は子どもの感覚的感性を大いに高めるものです。手は第二の脳といわれるぐらい多くの感覚神経がはりめぐらされており、砂粒の大きさや湿り具合、冷たさや温かさ、重さ、ざらつき具合など様々な刺激を敏感に感じ取ることができます。

最近は、公園の砂場は不衛生だということで、砂場で遊ばせる事が少なりました。室内型の砂場も出現しているそうですよ。

ボール遊び

ボールを触ったり、飛ばしたり、ついつい、「危ないからやめなさい」と、叱ったりしてしまいまいますよね。

しかし、

子どもにとって、遊ぶことは生活のすべて。体を動かしたり、頭を使ったり、心で感じたりしながら、いろいろなことを学んで成長していくのです。

ということは、遊ぶための環境や道具は大切なはず。走り回る、友だちと協力する、挑戦する、考える……。

これはすべて”遊び”に含まれる要素。子どもは遊びを体験しながら、対話力や社会性を身につけたり、知恵を会得したり、親の愛情を感じて、自立した健全な大人に成長していくのです。

12歳までの神経系統の発達に応じた、適切なトレーニングを日々積み重ねると、運動神経のいい子に育てられると言われています。

また、

脳の発達に重要な「楽しさ」と「好奇心」を感じさせることも子供の運動神経を良くするのに必須の要素です。

子供の成長が他の子とちょっと…とお悩みなら

伸び悩みの成長期の子供の栄養補給に悩むお母さんのために開発された栄養飲料です。 アルギニンやカルシウムだけという偏った栄養ではなく、 成長期に必要な栄養素がトータルで補給できることがポイントです。



のびのびスムージー使っている人の生の体験

保護者Aさん
うちの子は薬とか錠剤を飲むのが苦手だったので、溶いて 飲めるスムージーはとっても助かりました。そして、この スムージーを飲み始めてから、以前に比べて伸びていく 感じがあります。学生服をもうワンサイズ大きいものにしておけばよかったという感じです。こんなになるとはうれしい誤算。
保護者Bさん
バナナ味が飲みやすいみたいで、今では自分から飲むようになっています。不足しがちな栄養も補えるので、きちんと朝ごはんが作れないときに助かっています。

>>成長サポートのびのびスムージー公式サイトへ <<

忙しいママのために、1日たった15分で学べるように作成しました。たった15分ならば、家事や子育ての隙間時間に学べると思ったからです。

1日15分×60日間継続して学ぶことが重要です。(繰り返し復習することと「継続」がないより大切なのです)60日間、2ヶ月で変わります。

内容の一部をご紹介します。

◆ダメなことを言えば言うほどダメになる

◆ほめの弊害

◆「ほめる」と「勇気づける」の違い

◆「甘やかす」と「甘えさせる」の違い

◆叱るポイント

◆イライラしたときの対処法

◆自分を勇気づける方法 など、

他にもたくさんのことが、シンプルに、わかりやすく書かれています。

↓     ↓     ↓     ↓
ほめずに子どもを伸ばす「勇気づけ」の子育て法

幼児学習システム

【はっぴぃタイム】は、主婦の友社の雑誌通販や幼児向け通販カタログ「TOMA・TOMA」などでおなじみの 主婦の友ダイレクトが、右脳開発38年の実績を誇るしちだ・教育研究所と共同開発した教材です。 教室と同じような取り組みが、ご家庭でも手軽におこなえる画期的な学習システムです。

↓     ↓     ↓     ↓

あの七田式学習法がご家庭でできる!【 はっぴぃタイム 】



[metaslider id=1325]