本気でニキビ跡を治すのなら放牧馬のプラセンタを選びなさい!

プラセンタ安全性の高い放牧馬

スキンリバイバルを高めてくれるプラセンタ、でも同じプラセンタンなのに…

▼ プラセンタは放牧場の胎盤を使用するのが良い理由

ニキビ跡にはプラセンタ!お肌の再生力に貢献!

プラセンタっていうバカ高いサプリメントや、プラセンタ入りの化粧品があるのはご存知ですよね。肌再生スピードが、一般的に知られている美容成分を、プラセンタは圧倒しているからなんですね。

よく「エイジングケアにパワーを発揮するプラセンタ」と紹介されていますよね。本気でニキビやニキビ跡に悩んでいるのなら、体の内側、いわゆる内臓を最初に整えてから、お肌を活性化させ、お肌の再生力を復活させてあげればいいのですね。

たとえば傷口が、白血球やリンパ球のはたらきで皮膚や細胞が再生され、”ふさがる”という効果です。

ニキビ・ニキビ跡を消すのは今まで目の付け所が違っていたから?

ニキビやニキビ跡に悩んでいる人は、すごく多いです。その中でもニキビを治したと思って安心していたら、ちゃっかり出来ていたニキビ跡。このなかなか消えないニキビ跡がすぐに消える方法があったんです!

ニキビを治そうとして、毛穴の汚れを取り除いても、どんなに高級な石鹸で洗顔したって、「元を正さないといつまでも治りません」

ニキビ化粧品には、肌細胞を活性化させる成分など入っているわけがないので、だから、毎日ニキビ化粧品をがんばっても、ちっとも効果が上がらなかったのですね。

ニキビ・ニキビ跡の正体

ニキビ跡の分類
クレーター状のニキビ跡

クレーター状のニキビ跡 出典:Problems with acnes on the female skin

ケロイド状のニキビ跡 出典:Problems with acnes on the female skin

ケロイド状のニキビ跡 出典:Problems with acnes on the female skin

ニキビ跡にはクレーター状とケロイド状の2タイプあります。

■クレーター状になったニキビ跡というのは、毛穴の炎症が真皮に達し、真皮の皮膚組織を破壊してしまったことで、毛穴の構造が崩れてしまった傷跡です。真皮は表皮と違ってターンオーバーしないので、傷がつくとその部分の「へこみ」が残ってしまうのです。

■ケロイド状のニキビ跡というのは、炎症に傷ついた皮膚組織を修復するために、線維芽細胞がコラーゲン線維を、過剰につくってしまうことで、皮膚が盛り上がって「しこり」を形成してしまった状態をいいます。

いずれも共通するのは、炎症や化膿の度合いが強かったり、同じ毛穴で何度もニキビが繰り返し発生してしまったことで真皮組織がダメージを受けて傷ついてしまっているということです。

表皮と違って真皮が傷つくと肌の状態を元通りに再生するのは極めて難しくなります。プラセンタのはたらきは、顔のニキビばかりでなく、背中や胸にできたニキビにも効果的であるということなんですね。

ニキビの正体

ニキビができる原因は、毛穴に皮脂がたまり、その皮脂が酸化して炎症を起こすことにより発生するわけですが、今まではこの炎症は「アクネ菌」のせいで発生するものだとされていましたよね。

ただ、ちょっと待ってくださいね…。

最近では炎症を引き起こす原因は、アクネ菌だけではなく「アクネ菌」と「活性酸素」のペアリングによって引き起こされている、というのが学会などでは、主流になっています。

まだコラーゲンを使ってるの?

「なるほど、肌を再生すればいいのですね♪」コラーゲンが肌にはたらくことは、だれでも知っていますよね。私たちの身体は、約60兆個の細胞から成り立っていますが、その細胞と細胞をつなぎとめているのがコラーゲンといわれています。

コラーゲンが無ければ、人の身体は成り立たないという大事な成分です。

しかし、
最近の研究では、コラーゲンには数種類あり、2型コラーゲンや、変性2型コラーゲン、非変性2型コラーゲンがあることが分かりました。

よくサプリにある、フィッシュコラーゲン使用とは、主にサメから採取するコラーゲン成分のことです。

普通のコラーゲンでは、胃でそのまま消化されてしまい、コラーゲンが分解されてしまい役に立たないものだとわかりました。

また、コラーゲンの本当の成分である、非変性2型コラーゲンだけが、コラーゲンとしてはたらくのです。

ただし
非変性2型コラーゲンは管理も難しく、夏などは気温だけで、非変性が崩れてしまい、変性コラーゲンとなってしまいます。非変性2型コラーゲンは、かつては高価なものでしたが、最近は主に「鮭の氷頭」から抽出されるものが主流となっています。

だから成分表に「鮭の氷頭」と書いてあるもの、「非変性2型コラーゲン」と書いてあるものを選びましょう。
肌を再生させるのには、コラーゲンの力だけでは到底及ばないこともわかっています。そこでプラセンタなんです。もっと、体の内部から変えていかなければならなかったんです。

美肌を作るプラセンタのはたらきとは

美肌にプラセンタ

美肌にプラセンタ

どうしてプラセンタが、エイジングケアに人気があるのでしょうか?

プラセンタとは、胎盤のことです。胎児を小さな1つの受精卵から、細胞を作り出し胎児になるまで育てていく、命を生み出す器官。妊娠中は、胎盤の組織に、胎児を育てるための、様々な養分の貯蓄や分泌が行われます。

そのため、
プラセンタには、コラーゲン、ヒアルロン酸のような固体の栄養ではなく、人間に必要な総合的な多くの栄養素が蓄積されているのです。

さらに、
様々な成長因子が蓄積されていることが特徴で、プラセンタ1粒で、優秀な総合栄養として、お肌や健康のもととなっていきます。

プラセンタの正しい選び方

安全性の高い放牧馬2

安全性の高い放牧馬2

馬のプラセンタが人に一番近いプラセンタ

今までプラセンタと言えば豚の胎盤を利用したものが主流でしたが、今日では馬のプラセンタが注目を集めています。その理由は、年間出産頭数が豚の20頭に対して、馬は1頭しか生みません。

そのため、馬の胎盤は厚くアミノ酸の含有量が圧倒的に多いことがあげられます。

豚と比べて馬は国内での生産数が少ないのですが、管理が行き届いた生産が行われているため安全安心なプラセンタを手に入れることが出来ます。

安全性の高い放牧馬のプラセンタ

従来のプラセンタサプリは牛や豚由来のものが主流でしたが、近年、狂牛病や豚インフルエンザ問題など動物プラセンタは寄生虫や疾患問題が取りざたされ、哺乳類動物の胎盤だけに安全性が重要視され、厚生労働省から2001年3月12日以降、牛や羊など反芻動物の胎盤を原料したものを含んではいけないと通達が出されました

その点、
キルギス産の馬は通常体温が38℃~40℃と高く、豚や牛のように寄生虫が棲み着く心配は不要。「食事」や「健康」「衛生」に至るまでのすべてを獣医師が徹底管理し、安全に育成されます。

また、キルギス産の馬には抗生剤やホルモン剤が投与されないので、安心して利用することができます。

ニキビやニキビ跡の皮膚の再生にプラセンタ

夢の実現編集部-2

夢の実現編集部-2

使用者の声

プラセンタでニキビ肌が半年で変化!

最初は疑心暗鬼でしたが、飲み始めて半月、諦めかけてたニキビ肌がどんどん変わってきました。色んなニキビケア商品を使ってプチプラも高いのも使ってきましたが、あまり効果がなく、一生ニキビ肌だと思ってましたが、ホースプラセンタを使いだしてからプツプツニキビが
どんどんなくなってきました!

生理の時でもニキビできにくくなりました!ニキビ跡も酷いんですけど、だんだんと薄くなってきた気がします!

 
 ホースプラセンタ(高濃度×高品質、ハリと潤い!)公式ページ
ニキビ跡がプラセンタで思ったより早く…

「ニキビ跡が治る」と噂の化粧水を試してたんですけど、全然なおりませんでした。それでプラセンタがニキビなどに良いという話を聞き、ホースプラセンタを試してみました。

さすがにすぐに改善されないだろうと思ってたのですが、思ったよりも早くお肌の変化を感じる事ができました。頬に染み付いたニキビ跡も薄くなってきてくれて本当に嬉しいです。

ホースプラセンタ(高濃度×高品質、ハリと潤い!)公式ページ

ニキビ跡とシミがプラセンタを飲んで

ニキビ跡に効いています、シミがあるのですがそちらにも効いているような。。。(気のせいかもしれませんが)そこそこ有名なビタミンCの美容液を使っていましたがコスパがこちらの方が良いし、効果があったので使い続けてみようと思います。

生理前のニキビもできなくなりました、小さい毛穴も目立たなくなってきました!まだまだ使い続けてみます!

ホースプラセンタ(高濃度×高品質、ハリと潤い!)公式ページ

キルギス産の放牧馬のプラセンタ

キルギス産の馬プラセンタは、一般的に流通している豚プラセンタに比べて、特にアミノ酸含有量の違いが大きな特徴です。

馬プラセンタは、人間の体内で生産することのできない必須アミノ酸を含む数種類のアミノ酸を、非常に理想的なバランスで含んでおり、その含有量は豚プラセンタの約300倍と言われ、さらにコラーゲンの主成分となるプロリンは約718倍とも言われています。

ホースプラセンタ(高濃度×高品質、ハリと潤い!)公式ページ

安いプラセンタに飛びついても

ホースプラセンタで使用しているキルギス産の馬プラセンタは、薬物などを一切使用せずに飼育され、安全品質も非常に高い水準のプラセンタです。

品質はもちろん、配合量も他に類を見ない、世界トップクラスの185mgまで配合しました。

最高水準の飼育環境で育てられた馬から、抽出されたプラセンタは安全で高品質であり、EGFなどの各種『成長因子(グロースファクター)』をほとんど破壊することのない栄養価も非常に高純度です。