子供の自立を促す親の役目「5つの鉄板テク」

挨拶もろくにできないような、すさんだ子供たちに対しては、厳しく
接するだけではダメです。

厳しいしつけで押さえつけても、家の中だけでおとなしくなったように
見えて、家の外や社会人になってからも、また同じことを繰り返すでしょう。

心から変えていかなければダメなわけで、では心を変えるためには
どうしていけばいいのか。

その一つの答えが人間の土台となる、
人格の形成なのだと。

人格とは性格、気質、興味、態度、価値観などを含む、

個人の統合体のことです。

※人格(パーソナリティー)

幼少期における経験や体験が、人間としての人格形成に大きく影響を与えていると思われる。幼児期に親の愛情を受けずに(ネグレクト等)育った子供は、表情(笑顔等)が少なくなったりする傾向がある。また、こういう環境で育った子供は、脳の発達具合にまで違いがみられる。出典:ウィキぺディア

①人間の自立、初めの一歩

心がすさんでいる子供の多くは、自らの過去と未来と現在を否定しています。

家に帰れば、はたらくこともせずに昼間っから酒ばかり飲んでいる
父親がいて、母親は夜の仕事をしているので、手料理など
食べたこともない。

勉強を机に向かってすることや部活動など、縁のない生活を送ってきた。

中学に上がれば何かが変わると期待していたけど、取り巻く状況は
何一つ変わらない。

もちろん高校に進みばいいことくらいわかっているが、
そんな余裕が家にはないこともわかっている。

過去と現在の中でもがき苦しんでいる子供

人として当たり前のことを教えることと、人格の土台を形成するのと
同じに考えていかなければならないのが、夢づくりです。

自分の立てた目標や理想に向かって進んでいく過程に、子供を
立ち直らせる道が見えるのです。

心がすさんでいる子供の多くは、自分の過去や未来、
そして現在を否定している。

未来への希望が見つからないから、

もがき苦しんでいるのです。

でもね、
本当は過去のことなんてどうでもいいことなんですからね。

すさんだ過去の延長線上にある、自信のない
現在のことも、関係のないことです。

一番大切なのは、未来です。彼らはまだ14,5才です。
これから何十年と未来を歩いていくのです。

自暴自棄になったりしている場合ではないのです。

②あきらめから希望へ変わる瞬間

このままでは高校へも行けず、社会の片隅で生きていかなければ
ならないと、あきらめかけていた。

しかし自分が頑張れば、

もしかしたら別の道があるかもしれない。

その方法が夢を持たせることです。

「数学の点数が60点だったのか、希望の大学へ行くためには70点
取らなければいけないから、あと10点あげるために、もう少し
勉強しなければならない」

これ、ダメなパターンです。

10点あげるためだけに子供は、苦しい努力をしません。
だから、もっと、その先の、夢を、語って聞かせるのです。

③自分の夢をかなえる方法

「一流企業に就職できると安定した生活が送れるぞ、そのために
いい大学に入って知識を身に着けるのだ」では、漠然過ぎるのです。

「もしも頑張って勉強してあの大学に行けたら、自分のやりたいことや
夢に一気に近づけるぞ、いつも言ってたよな、将来△△になりたいって、
その夢か叶える可能性大だぞ」

子供が将来なりたいと思っているもの、叶えたいと思っていること、
それに近づくために、高校に進学し、大学で勉強するという選択肢が
あるということを、親は子供にきちんと伝えるべきです。

実現できそうだとなると、子供は自分で考えだします。

そしてやる気が出てくるのです。
それを教えてあげることが親としての重要な役目なんです。

④子供のペースに合わせる

今介護の世界は、人手不足が深刻です。増える老人、介護の職場の
過酷さからですが、最近は東南アジアから多くの若者が、日本に
やってきているんですね。

その東南アジアからの若者がお年寄りから、
人気があるというのです。

もちろん彼らは流ちょうな日本語など話せません。
意思の疎通もうまくできません。

お年寄りが望んでいることに的確に応えられないのです。
それでも、タイやインドネシアからの若者の介護職の人たちは、
お年寄りから人気があるのです。

それはどうしてか、そのひとつに彼らはじっくり待ってくれる
からだそうです。

食事にしても人それぞれで、食べるスピードが違います。
時間内に食べようとしても、身体がうまく動けない人もいるのです。

一人一人のペースに合わせて、急がすこともなくじっくり待ってくれる。
そこにお年寄りたちは安心感を抱くのです。

⑤信じて待つ

日本の親は、すぐに兄弟を比べます。
「お前はだめだな、お兄ちゃんみたいに頑張ってみろ」これが一番きつい。

子育てが上手な親はこう言います。
「お兄ちゃんはお兄ちゃん、おまえはおまえ、任意も気後れすること
なんかない、お前がお兄ちゃんより優れているところはいっぱいある」

この子はきっと素晴らしい才能が隠れている、そう信じて子供を待っている、
だからその資質にたどり着くことができるんです。

子供の自立を促す親の役目まとめ

大人になると、もしも生まれ変われるのなら、いつ頃からやり直したいか
という質問に80%の人が中学1年生と答えました。

それだけ、人生において最初の一歩は中学生の時期なんです。
この時の考え方で将来を大きく左右することが実感
しているんではないでしょうか。

未来に対する夢の持ち方、それに対する親の教え方、態度、接し方。
私たち親も、戻れるのなら子供が最初に中学性になった時から、
やり直しができればいいと思いますものね。

成長期の栄養補給に<のびのびスムージー>

伸び悩みの成長期の子供の栄養補給に悩むお母さんのために
開発された栄養飲料です。

アルギニンやカルシウムだけという偏った栄養ではなく、
成長期に必要な栄養素がトータルで補給できることがポイントです。

のびのびすむーじを使用している人の生の声
■さん
周りの子供に比べてうちの子だけが低いのが気になり、 成長期について調べていくとカルシウムやアルギニンといった 栄養だけ取ってもだめだったということを知りビックリしました。いろいろ伸び盛りにいいサプリメントがあるなかで栄養不足も 補えるのびのびスムージーに決めました。朝食時に牛乳で 割って飲むだけで成長期に欠かせない栄養素がしっかりとれるので助かっています。のびのびスムージーを飲み始めてから息子はぐんぐん成長していき1年後には背の順でならんだときにいまでは後ろから数えたほうがはやいぐらいになり、息子もすっかり自信をもってくれているので本当に続けてよかったです。
◎さん
同じサッカー部の仲がいい友達が中学2年生あたりから急にぐんぐん伸びだして、あっという間に抜かれてしまいました。その子が飲んでいたのがスムージーだとお母さんから聞いたので、さっそくうちの子もはじめてみました。


成長サポートのびのびスムージー

>>成長サポートのびのびスムージー公式サイトへ<<