何もかもうまくいかなくなった時、精神論なんて読んでいたってダメ

何もかもいかなくなったら読む

暗い夜も12時間もすれば、明るい朝が来るのは当たり前、追い風が吹けば、今度は逆風が吹くことも当たり前、幸せな時間が来れば、次には不幸な時が寄ってくる、人生には必ずリバウンドがつきものです。

人それぞれの状況は違う、人格も体質も違う

それでは本日も、特別授業を始めましょう!何もかもうまくいかなくなった時、精神論なんて読んでいたってダメでは、皆さんも一緒になって、勉強しましょうね。永遠に幸せな楽しい時間などありっこありません。不幸な時間も、永遠に不幸な時間などありません。

不幸な基準の中で、幸せな時間もやってくるのです。幸せの大小はあれ、必ずやってきます。ダメだった男が、「あ・る・こ・と」をしたおかげで、全てがうまくいった。めでたしめでたし、なんていう、日本昔話的なことも信じたいでしょうけど、ありえないのです。

絶えず変化するからです。

ダメな人の共通点はやっぱりアレ!

自分でやれることは限られている

成功者は自分の事を管理している」なんて言う人がいますが、食べたものを食べて、私は心臓が悪いから心臓に20%くらい行かせようとか、血液をきれいにするために青野菜ばかり食べようなんていっても、そう簡単に血液はきれいになってくれません。

なぜなら、

食べ物を選んで口に運ぶまでは、自分の仕事ですが、のどを通ったらあとは、自分でやれることは、運動してカロリーの消費をコントロールするくらいだからです。

悩みの本質だって、人の大小、性格の違いこそあれ、現状にたいする不満からくるものですよね。

「お金がない」「支払いができない」「友達ができない」「仕事がうまくいかない」など、現状の不満とは、これから訪れる「月末の恐怖」や、これからくるであろう病気、将来の生活が不安になることから起こります。

備えは大切ですが、まだ来ぬ未来に向かって不安を恐れる必要はありません。

つまり、

先の未来を考え過ぎるから、不安が起こることなんですね。その最大の弊害が、自分を完全に見失っているということです。

今すぐにやるべきことに気が付かない人々

やるべきことをやっていないことに、気が付かない事です。これから起こるであろう先の事や、自分の事や家族の心配ばかりして、もっと、今すぐにやるべきことをやりきれていないから、いつまでたっても心配がなくならないのです。

不安の心ばかりが先行して、心と行動を占領してしまっているんです。

だから、

一生懸命、本屋さんに行ったり、インターネットで、自分自身を強くするために精神論や、成功者の話仏教の話、スピリチュアルな話を、読み漁るのです。

良い話に出会って、良い本に巡り合えれば多少は救われるでしょう。こんな一文があります… 「自分で自分の心にブレーキをかけている」、「うまくいかないときは、自分が求めていることを人に与える」、「自分自身を手放すと同時に、相手を信じる」、一見その通りかもしれません。

そもそも自分自身をコントロールなど誰もできないのです。他人の事はよくわかります。「あの人はケチな人だ」「思いやりがない人」、ところが自分はどう見られているのでしょうか。考えられますか。

さらに、

精神的な話になると、「自分は生物として宇宙に生かされている」、「宇宙の法則」とは一体なんでしょうか。

アルキメデスの法則は、アルキメデスの原理。アルキメデスが発見した物理学の法則で、「流体中の物体は、その物体が押しのけている流体の重さ(重量)と同じ大きさで上向きの浮力を受ける」、というものである。

F = −ρVg
F : 浮力[N], ρ: 水の密度[kg/m3], V : 物体の水没している部分の体積[m3], g : 重力加速度[m/s2]

それとも、宇宙の法則、ビッグバンの真実がわかっているとでもいうのでしょうか。量子エネルギーが高まり、爆発したという説も、確約した訳ではないし、ではその量子がどこからやってきたのかなど、宇宙の法則は、解明されていません。

そして、行き着くのがスピリチュアルの世界です。輪廻転生、仏陀の教え、にハマっていくのです。個人的には輪廻転生は信じていますし、インド人のほとんどは真剣に信じているといわれています。

また、

あの世はあると信じていますし、そのための人間修業の間最中であることも理解しています。が、良い話というのは、また良い話をする人の話し方がうまくて、

聞き惚れてしまい、心の感動を呼び起こします。今まで気が付かなかったことを気が付かされたと感心し、さっそく家に帰って、取り込もうとしますが、日常の生活が再びやってくると、次第に忘れてしまい、どこかに消え失せていくのです。

それはなぜか?

やるべきことを見失っているだけ

生活の習慣が今までのままだと、どんなに良い話を聞いたって、良い事をしようとしたって、変化などしないのです。

やるべきことの第一位は、生活の習慣を変化させてあげることなのです。悩みの深い人ほど、生活習慣がまともになっていないからです。

何度も何度も同じ悩みが波のように繰り返してくる人の生活習慣は、荒れているのです。人生の転記を望むなら、良い話を聞くのも大切ですけど、それと同時進行で、生活の習慣を変えてあげなければなりません。

生活の習慣を変える一番の方法は、奉仕活動を意識するということです。奉仕活動というと、すぐに公園の掃除とかに結び付けますが、そんなに目立った方法でなくても、奉仕活動はできるのです。

生活に困っている人、悩みの多い人、夫婦仲が悪い人、貧乏な人に共通するのは、家じゅうが汚いということです。あちらこちらにごみが溜まって、ほこりがかぶっている状態です。

これらを、キレイにすることから始めてみてはいかがでしょうか。これも立派な奉仕活動です。なぜなら、家に遊びに来た人が、掃除が行き届いている家は気持ちがいいからです。

いい気分にさせてあげることができるからです。

自分に合った方法を見つけて、継続する方法

それと大切なことですからいっておきますが、もうひとつ、悩み多き人、貧乏な人に共通するのが、協力者が極端に少ないのです。

あなたを助けようとしてくれる人が少なすぎるのです。良いですか、うまくいくことの大きなファクターは協力者がいるということです。

悩み多き人が協力者が少ないあるいはまったくいないから悩むのです。同じことで何度も苦しむのです。成功者の話をいくら聞いたって、所詮、成功している人の話なのです。

もっと前の段階のこと、自転車に乗っている人の話ではなく、自転車の乗り方を覚えたときの話の方が、よっぽどその人の為になるのです。協力者がいないということは、人を助けてあげたこともなければ、助けてあげようと思ったこともないはずです。

良い行いをしているだけではダメで、人を助けなければ、人の役に立つことでしか人は認められないんですね。そのための奉仕活動ということになるのです。

奉仕活動は人の為になるからなんです。家でやるべきこと、会社でやるべきことを決めたら、毎日継続的に行うことが生活の習慣を変えることができる最大のポイントです。

人より10分前に会社に行き、個人の場所以外の共通で使用する場所などを、掃除してみましょう。家では、玄関の拭き掃除、台所水回りをきれいに保ちましょう。

トイレ掃除をしましょう。

毎日毎日、継続します。そうすることでしか、やるべきことは見えてこないのです。

↓     ↓     ↓     ↓


アメブロ&ワードプレス&フェイスブック集客ツールAmepress アメプレスアメブロ、ワードプレス、フェイスブックを完全連動 相乗効果でアクセスをアップする ブログ集客ツール

神様も仏様もどこ探したってこの世にはいない

山奥に行こうが、海の中に潜ろうが、宇宙に行こうが、まだ誰一人神様を見つけた人などおりません。見つけられたら、世界は確実に変わります。

しかし、神様を探しに探検している組織もなければ、プロジェクトチームや国家機関も存在していません。

もしも、いるとしたら…

神社に行くと、ご神体があります。そのご神体として崇められているのが、「鏡」だとうことはご存知だと思います。

工業化社会ではない時代、確かに鏡は貴重だったでしょう。では、なぜ鏡なのか。神社に行きます。ほとんどの神社では、ご神体があるであろう中央にむって、お賽銭を入れ(お賽銭を投げ入れてはいけないのですよ、両手を添えて入れます)、

「2礼2拍手1礼」 をします。

そのご神体に映っている偉い人は誰でしょう。

そう!

あなた自身であります。

今日の授業はおしまい。

自分の中にいる神様が、すべていい神様だとはかぎりませんよ。

その神様たちを動かすのは、あなた自身です。

明日も、元気よく頑張りましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

[metaslider id=1091]